営業時間:平日10:00-19:00 日曜:10:00-16:00 定休日:火曜・祝日

漢方・中医学を併用するメリット
漢方・中医学を併用するメリット
【西洋医学のメリット・デメリット】

西洋医学での不妊治療は、現在も日々進化しています。
以前では妊娠が困難とされた卵管閉塞や、無精子症などが原因となる不妊症も、体外受精・顕微受精などの発展で妊娠可能となる場合も増えてきました。

このように原因がはっきりしている不妊症に対して西洋医学はとても有効な手段となります。

しかしながら、様々な検査を受けても検査結果が正常範囲内で、明らかな原因が見つからない原因不明の不妊症(機能性不妊)も、不妊症の15~25%程度を占めているといわれており、このケースではまだ確立した治療法はないため、ただ漫然と体外受精が行われているということも忘れてはなりません。

もちろんこの方法で妊娠できればなにも問題は無いのですが、できない場合、よく言われる「出口のないトンネル」をひたすら突き進むことにもなります。

また体外受精・顕微受精まで考えられている方は費用面でも大変な負担となります。

メリット デメリット
・原因がはっきりしている不妊症に対して有効 ・原因不明の不妊症に対してまだ確立した治療法はない
・体外受精・顕微受精まで考えられている方は費用面でも大変な負担
「不妊症の現状」のページを参考
【漢方・中医学のメリット】

このような西洋医学で確立した治療法がない不妊症の場合、漢方・中医学の治療を取り入れる、もしくは西洋医学の治療と併用することで、より有効となることが多くあります。

漢方・中医学治療の一番の特徴は、“妊娠力”を高めることです。
体が妊娠できる準備が整っている状態となって、はじめて“新しい命が宿る”のです。
いくら高度な治療を施したとしても、女性本人の持っている“妊娠させる力”が十分に発揮できない状態では、せっかくの高度生殖医療も100%活かせているとは言えないのではないでしょうか。

漢方・中医学治療では、
① 子宮内膜の環境を整える
・子宮内膜、骨盤内の汚れをとる(活血化?など)
・子宮内膜を分厚くフカフカにする(補腎活血補血など)

② 卵子・精子の質を高める
・ミトコンドリアを活性化させる
・血液循環を整える

③ FSH・LH などホルモンの感受性を高める

④ 体全体のバランスを整える
(冷え・のぼせ・便秘など)

⑤ 心のバランスを整える
(不安・ストレス・恐怖など)

といった、西洋医学が苦手とする問題点に対して、西洋医学とは異なった視点からアプローチすることで、問題を解決に導き、“妊娠しやすい体”“妊娠力”を高めることを得意としています。

これらの役割は、自然妊娠、体外受精、どちらを選択される場合でも“妊娠力を高める”ために非常に大切なこととなりますので、自然妊娠を希望される方、体外受精など病院の治療と併用される方両方の方にとって漢方・中医学の治療を取り入れることは本当に大きなメリットであると考えております。

【漢方薬の服用期間と費用の目安】

彩り漢方薬局の漢方薬の場合、
1ヶ月の費用が約2~5万円程度、平均で3.5万円の範囲となります。また服用期間は最低でも半年~1年はみていただきたいと思います。

【彩り漢方薬局における子宝漢方相談】

漢方薬を服用したからすぐに妊娠できるわけではありません。
“妊娠しやすい体”を作っていくことが大切です。そのためには漢方薬を服用する以外に、いままで“妊娠しにくいからだ”を作り上げてきた生活習慣がもしあれば、やはりそれを見直していく必要があります。

そう考えるとやはり多くの方で半年から1年くらいの時間は必要となってきます。そのため「早急に結果がほしい!」という方にはあまり適している方法とは言えないかもしれません。

しかしながら、半年~1年はじっくり腰を据えて“妊娠しやすい体”を作っていきたいという方にとっては、漢方治療は“十分に価値のある治療法の1つである”と当店では考えております。

不妊でお悩みの方の多くは、

  • 「この先本当に妊娠できるのか?」
  • 「今の治療が本当に自分に合っているのか?」
  • 「費用はどのくらいかかるのか?」
  • 「もし妊娠できなかった場合、その後の人生はどうなるってしまうのか?」

などたくさんの不安を抱えています。

もしよろしければ、漢方・中医学の専門家である国際中医師に一度ご相談ください。同じ不妊症でも一人一人必要な漢方薬はことなります。

そのため、当店では“あなた”に一番適していると思われる“授かる方法”を一緒に考え、そのために必要な漢方薬、そして養生法などをご提案させていただきます。相談料は現在“無料”とさせていただいておりますので、「ちょっとした疑問」「心配事」などどんなことでも結構ですのでまずはご連絡下さい。

妊活応援ブログ
トップへ戻る