更新情報

新着情報更新情報 > 漢方相談における問診について 〜まず...

更新情報

漢方相談における問診について 〜まずは知ってほしい漢方相談の流れ〜
2018-12-17

漢方相談の流れについて(問診)

皆さま、こんにちは。

夙川駅北側にある漢方専門薬局・彩り漢方薬局のスタッフ薬剤師タケウチアツコです。

皆さんの周りで、漢方薬局で相談してお薬飲んでる方って多いですか?
あんまり、いないですよね。

漢方薬局、気になるけど、どんな所なんだろう?

高い?

買わされる?

どんな事をしてもらえるの?

このホームページをご覧の方にも、漢方は気になるけど、いざ予約となると二の足を踏んでしまう方がいるかもしれません。

ですので、まずは彩り漢方薬局の漢方相談についてお伝えしていきたいと思います。

まずは問診票を記入する

漢方相談では、まずはじめに問診票をお書きいただきます。

初めて行く病院や薬局でも書かされることの多い問診票ですが、まずはお名前や性別、生年月日、年齢、職業、ご連絡先などの基本的な情報欄を記入し、その下にある既往歴や今飲んでいる薬の有る無し、アレルギー、それと、今日診てもらいたい症状(主訴)について書いていきますよね。

漢方相談の問診でもまずその辺りをうかがうのですが、漢方薬局ではそこからまだまださらに問診は続きます。

ここから伺う問診ではあなたの体質をしっかり知るための問診なのです。

ここからが本番!と言えるかもしれません。

まずは、

  • 暑がりなの?寒がりなの?
  • 冷え性だとどこが冷える?
  • 手足ですか?お腹ですか?下半身ですか?
  • 口は乾きますか?
  • 飲み物は飲む方飲まない方?冷たいのと温かいのどちらを飲みますか?
  • 目が疲れやすいとかはありますか?
  • 眠りはどうですか?寝つきやすい?途中目がさめる?よく夢は見ますか?
  • むくみはありますか?どこがむくみますか?顔ですか?あしですか?
  • 汗はかきますか?
  • 肌の調子はどうですか?
  • 乾燥してる?吹出物は出来やすい?
  • トイレについてはどうですか?
  • 食事については?
  • 女性なら生理について、、、などなど。

結構な量の質問をしていきます。

時間にすると20〜30分くらいでしょうか。

これじゃ、取り調べやん!てほどですね。

もちろんガンガン矢継ぎ早に聞き取っていくというよりは、さりげなくお話していく中で上手いこと聞いていきますので、あまり問診されている感じはしないかもしれませんね。

こんなにあれこれ聞くには訳があって、漢方では、患者さんの治療、薬を決める時にまず患者さんの体質を見極めることが非常に重要になります。

西洋医学では検査の結果から病名診断がなされそこから治療法や薬を決めていくのですが、漢方医学では患者さんの体質(これを「証」と言います)を診て、証に合った漢方薬を処方します。

同じような症状でも、証が違えば使う薬も変わってきます。

ですので漢方相談ではじっくりお話し、その方の体質「証」を、見極める時間が必要になってきます。

何でこんなに色々聞かれるの?にはちゃんとわけがあるのです。

初めての場所でいきなり色々聞かれるのが、もし苦手だなぁとお感じの方は来店される前に少し、いつごろから症状があるかや、ご自分の体調(生理のことなど)や生活などをメモしておいでになっていただくのもいいとおもいます。

長くなりましたので、次回は問診の次はどんな事をするの?のお話しをしていきたいとおもいます。