営業時間:平日10:00-19:00 日曜:10:00-16:00 定休日:火曜・祝日

不妊症の現状
不妊症について詳しくご存知でしょうか?

不妊治療をすでにはじめている方、まだ何もされていない方、どのくらい不妊症&不妊治療についてご存じですか?

「まだ35歳だからそんなに焦らなくても大丈夫よね?」 「芸能人の人とかは40歳超えても妊娠してるしね!」

と楽観視されている方もいれば

「もう2年も子供ができない。なんで・・・。」 「体外受精すれば絶対に赤ちゃんができると思ってた・・・。」 と悲観的な方もおられます。

どうしてこのような違いが見られるのでしょうか?

その理由の一つとして考えられることはやはり“不妊症”についての知識や 理解が十分ではないことが考えられます。

  • ・不妊症ってなに?
  • ・不妊症ってどのくらいの確率でおこるの?
  • ・不妊になる原因は?
  • ・どんな治療法があるの?
  • ・どのくらいお金がかかるの?
  • ・日頃からどんなことに気をつければいいの?

妊娠への夢をかなえるため、そして“ママになる”、“パパになる”ためには、上記のような内容はある程度知っておいたほうが、今後の治療やクリニック選びの際にきっと役に立ちます。今一度、不妊症そして不妊治療の現状について振り返ってみましょう。

不妊症とは?
不妊症の定義

日本では、日本産婦人科学会が不妊症の定義を「子供がほしいと願う夫婦が避妊をしないで1年以上子づくりを続けるも、妊娠できないでいる状態を不妊症とする」と定義しています。

以前は2年以上となっていましたが、年齢が高まることで起こる生殖機能や卵子の質の低下を考慮して、早めに治療を開始することで少しでも妊娠の可能性を上げようという考えから1年に変更になったようです。

また一般的には避妊をせずに夫婦生活を続けると、1年後には80%、2年後には90%のカップルで妊娠が成立すると言われているため、やはり1年たっても妊娠しない場合は早めに婦人科などを受診したほうがいいでしょう。

しかしながら年齢が38歳を超えている場合は半年くらいでも受診を勧める場合もあります。また35歳未満でも、月経不順があったりクラミジア感染したことある人なども1年ではなく半年程度で受診するほうがいいでしょう。

不妊症になる確率

以前は夫婦の10組に1組と言われていましたが、最近では6?7組に1組ともいわれています。不妊治療を受けている患者は1999年に284,800人でしたが、2003年には466,900人と4年で約1.6倍にもなっています。

現在では治療を行っていない人たちも含めると100万組以上のカップルが不妊に悩んでいるといわれています。

また今後はさらに晩婚化や女性の社会進出がすすむと考えられているため、不妊症に悩む夫婦は今後も減る見込みはなく、ますます増加するのではと予想されています。

不妊症の原因

かつては不妊の原因はほとんどが女性の問題という風潮がありましたが、現在ではWHO(世界保険機関)の調査によると女性側のみに原因がある割合は41%、一方で男性のみに原因がある場合は24%、男女双方に原因があるケースが24%、原因不明が11%とされており、少なくとも48%は男性側にも何らかの原因があるとされています。

よって奥さまが検査で何も以上がないのになかなか妊娠できない場合はご主人のほうにも問題がある可能性を考えるべきでしょう。

《女性の不妊原因》

1.排卵の問題

排卵障害とは排卵が起こらない、あるいは排卵が遅い状態のことをいいます。女性の側に原因のある不妊の約40%を占めると言われています。排卵障害になる主な原因は以下の様な原因が考えられます。

・視床下部や脳下垂体性の排卵障害

視床下部や脳下垂体に原因があり、卵胞を育てるFSH(卵胞刺激ホルモン)やLH(黄体化ホルモン)の分泌が低下するため、排卵しにくくなります。ダイエットによる過剰な体重減少による月経不順などもこのタイプになります。

・高プロラクチン血症

乳汁を分泌するプロラクチンというホルモンの値が高くなると、排卵が起こりにくくなります。プロラクチンとは産後の授乳のために出るホルモンで、授乳中に次の妊娠が起こらないように排卵を抑制させる働きがあるためです。原因としては脳下垂体腫瘍、甲状腺機能低下症などがありますが、それ以外にも胃潰瘍や精神科の薬剤を服用した時の副作用として高プロラクチン血症となることがあります。

・多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

左右の卵巣に小さな嚢胞がたくさんできて、なかなか排卵できなる病気です。本来はいくつかの卵胞が成長し、その中で1つだけ、主席卵胞と呼ばれる卵胞が2?2.5センチほどの大きさに成長した時、卵子が排卵されるのですが、PCOSの場合、卵胞がたくさん育ってしまい1つ1つが未熟なままなので排卵されずに卵巣の中に溜まってしまうのです。

特徴として血中LHの値が、血中FSHより高くなり、男性ホルモンである血中テストステロン値が高くなります。また原因はまだはっきりしていませんが、インスリン代謝異常と密接な関係があるとされています。

・早発卵巣機能不全

卵巣の中の卵子が40歳よりも前にほとんどなくなってしまうため、排卵ができない状態になります。排卵すべき卵子がなくなっているため排卵を起こすのは非常に難しくなります。特徴として血中FSHが高い値となり、AMH(抗ミュラー管ホルモン)は0に近くなります。

※絶対に妊娠出来にというわけではありません。AMHがほぼ0でも妊娠することもあります。

2.卵管の問題

卵管は卵巣と子宮をつなぐパイプのような役割をする器官です。この卵管の途中がとても狭くなっていたり(卵管狭窄)、閉塞する(卵管閉塞)と卵子や精子が卵管をうまく通過することができないため、受精ができず妊娠が困難となります。

また卵管采の周囲が癒着すると卵巣から出た卵子をうまくキャッチすることができずやはり妊娠できません。(ピックアップ障害)。原因は主に次のようなものが考えられます。

  • ①クラミジアなどの感染による卵管炎や腹膜炎
  • ②子宮内膜症による癒着
  • ③腹腔内の手術による卵管周囲の癒着

3.着床の問題

着床に原因があって妊娠しない場合、原因は大きく分けて2つあります

・器質的な着床障害
子宮内に子宮筋腫が突き出している場合(子宮粘膜下筋腫)や子宮内膜にポリープができていると、その場所や大きさによっては着床しにくくなることがあります。また子宮の奇形(重複子宮、双角子宮など)先天的な子宮奇形がある場合は着床が困難となる場合があります。
・ホルモンの問題による着床障害

卵胞ホルモンによって厚くなった子宮内膜は、黄体ホルモンの作用により着床しやすい状態となります。この黄体ホルモンが十分に分泌されない場合、着床がうまくいかないことがあります。(黄体機能不全)

4.年齢の問題

最近不妊の原因として多く挙げられているのが“卵子の老化”の問題です。特に卵子の“質”の低下が問題となります。

AMHなどで卵子の残りの数などはある程度予測できるようになりましたが、“質”を見分ける指標は今のところありません。唯一の指標として最も大事なのは“年齢”です。

人間の体内では呼吸をし、生きているだけでも細胞のサビや酸化といった、いわゆる“酸化ストレス”が発生し、卵子もダメージを受けています。当然年齢が高くなればなるほど受けるダメージは蓄積されていき、傷だらけの卵子になってしまいます。

不妊症の原因
《男性側の不妊原因》

1.造精機能の問題

精子を作り出す機能がうまく働かず、精液中の精子がとても少ない(乏精子症)場合や、精子がない(無精子症)状態になるケースがあります。原因は実際はわからないことが大半ですが、以下の様な原因が挙げられています。




  • ①耳下腺炎性精巣炎:おたふくかぜによる精巣炎
  • ②精索静脈瘤:陰嚢の周りの血管が拡張して精巣の温度が上がり、造精機能が障害されている状態。
  • ③染色体異常、遺伝子異常:クラインフェルター症候群など
  • ④脳下垂体異常:低ゴナドトロピン性性腺機能低下症など

2.精路の問題

精子を運ぶ精管が部分的に欠けていたり、狭くなっていて詰まっていたりすると精子が通過できずに無精子症や乏精子症になります。原因としては精巣上体の炎症による精管の閉塞や、生まれながらに精管がない精管欠損、鼠径ヘルニアの手術のときに間違って精管を縛られてしまった場合などがあります。

また射精後、精液が尿道側に射出されず、膀胱に逆行してしまう逆行性射精もあります。

3.副性器の問題

精嚢や前立腺炎などが原因で精液中に白血球が増えたり、精子の運動率が下がることがあります。

4.性機能の問題

性機能の問題にはセックス時に勃起しない(インポテンツ)、または勃起が維持できない勃起不全があり、勃起はするが膣内で射精できないこともあります。心因性と器質性(糖尿病や下半身不随、動脈硬化、高血圧など)があり、これらがあわさっているケースも有ります。

以上が男性、女性それぞれの不妊の主な原因となりますが、上記以外にも女性では頚管粘液の異常(酸性度が高い、粘液の量が少ないなど)や抗精子抗体がある場合なども不妊の原因となります。また原因そのものがわからない場合も11%あり、その際の治療法は現在ではまだ確立されていません。

不妊治療の種類

不妊症の治療は大きく分けると一般不妊治療と体外受精に分けることができます。違いは一般不妊治療では精子と卵子の受精は体内で起こりますが、体外受精では文字通り体外になります。


《一般不妊治療》

・タイミング療法

タイミング療法は、超音波検査や血液または尿検査などから排卵日を正確に予測し、性交を行い、自然に妊娠する確立をあげる方法です。卵胞は1日に1?2ミリずつ大きくなり、直径18?22ミリ程度になると排卵します。排卵日近くが来たらクリニックで経膣超音波検査で卵胞の大きさを測り、尿中のLH(黄体ホルモン)値をしらべます。通院が難しい場合は尿中のLHを自宅でチェックするキットも薬局などで販売しているので自宅チェックも可能です。排卵日の1?2日前がLHのピークになりますので、陽性反応がでた当日か遅くとも翌日には性交を持つと妊娠の可能性は上がります。

※妊娠しやすさのピークは排卵日当日ではなく排卵日より前になります。大体排卵日の4日ほど前から妊娠の可能性が上がり、排卵2日前?前日が最も妊娠しやすいタイミングになります。

また自然周期によるタイミング指導でも妊娠に至らない場合は排卵誘発剤(クロミフェンなど)を併用し、複数の卵子を排卵させることで受精する確立を上げる方法もあります。

またタイミング療法では8ヶ月で累積妊娠率が80%以上となりますので、6?8ヶ月を目安にし、それでも妊娠しない場合は次のステップに移ることも考えるほうがいいでしょう。

・人口授精(AIH)

人工授精は、精液から運動性のよい元気な精子を集め、カテーテルを用いて子宮腔内に注入し、妊娠にトライする方法です。

人工という言葉に抵抗感を感じる方もおられますが、その後の過程である精子の卵管への侵入、受精、着床などは自然な妊娠と変わらないので、かなり自然妊娠に近い治療法と言えます。適応となるケースは以下の様なケースが考えられます。

  • ①精子の数が少ない:精子濃度1500万以下の場合、精子運動率が40%以下の場合など
  • ②射精障害や性交障害がある:勃起不全、膣狭窄など
  • ③精子と頚管粘液が不適合:頚管粘液の酸性度が高かったり粘稠度が低いなどで精子が子宮に進入するのが妨げられる場合
  • ④原因不明の機能性不妊:検査では特に異常が見られないがなかなか妊娠に至らない場合

人工授精(AIH)の成功率は約10?20%と言われており、人工授精で妊娠する人の80%以上は3回目までの治療で妊娠しており4回目以降は妊娠率の増加がなくなってきます。この場合AIHでは解決できない問題が他にあると考えられるので、次のステップ(体外受精など)に移ることを考える必要があります。

《体外受精(IVF-ET)》

体外受精は、妻の卵巣の中から取り出した卵子と、夫の精液から採取した精子を培養液の中で受精させ、一定周期培養した胚を子宮腔内へ戻して着床させる方法です。タイミング法や人工授精などの一般不妊治療と比べて妊娠の成功確率が高まるメリットはありますが、卵子を体外に取り出して行うこの方法には常に安全と倫理の問題が伴っており、十分な配慮の上で行える治療施設を選ぶ必要があります。

・主な適応ケース

女性側:当霊の不妊症の方、排卵障害、両側卵管閉塞、子宮内膜症、人工授精からのステップアップ、その他原因不明な場合

男性側:精液所見にかなり問題のある乏精子症、無精子症など

・体外受精のメリット
  • ①妊娠率の高さ
    一般的にはタイミング療法の8倍、人工授精の4倍程度といわれています。しかしながら成功率は年齢によってかなり差があり、35歳以下なら40%ほどですが、40歳を超えると10%程度に下がります。
  • ②原因不明不妊にも有効な場合がある
    原因不明不妊の多くの場合に卵管采が卵子をうまく取り込むことができないピックアップ障害があると言われていますが、体外で精子と卵子を出会わせるためその心配がありません。
  • ③卵の状態を目で確認できる
    体外に取り出すことで実際の卵の状態がわかるため、現在の自分の卵の状態を眼で確認することができます。
・体外受精のデメリット
  • ①身体的負担:排卵誘発剤によって卵巣が腫れたり腹水が溜まったりする卵巣過剰刺激症候群(OHSS)などが起こることがあります。また通院回数や注射の回数などの増加も負担となります。
  • ②経済的負担:保険適応では無いため全額自己負担となり、施設にもよりますが1回30万?50万円程度の費用がかかります。
    ※体外受精での不妊治療では助成金の適応もあります。
  • ③生まれた子供の長期予後:世界で初めて体外受精に成功したのが1978年と、まだ年月が浅く、不明な点が多い。現在では先天異常や染色体異常の率は通常妊娠とそれほど変わらないという報告が多いようですが、今後も長期的な調査が必要になる問題です。

また顕微鏡下で卵子に精子1個を極細の針で注入し受精させる“顕微授精(ICSI)”という治療法もあります。体外受精を行ってもうまくいかない場合に用いられる方法です。

・精子濃度が非常に低いケース ・精子運動率が非常に低いケース ・精子奇形率が非常に高いケース ・無精子症

などが適応となります。精液の中に1個も精子がいなくても、精巣中に精子がいれば、精巣から精子を取り出し、顕微授精をすることもできます。(TESE:精巣内精子抽出法)

不妊治療にかかる費用

各治療法によって値段は異なります。また体外受精、顕微授精など保険適応外の部分は治療施設によっても値段が異なることがあるためあくまで参考程度とお考えください。

・初診時の費用(問診、内診、血液検査、超音波検査など)
約4000円?1万円程度

・タイミング法(1周期あたり)
約5000円?1万円程度

・人工授精(1周期あたり)
約1万?3万円程度

・体外受精・顕微授精(1周期あたり)
約30万?50万円

※顕微授精のほうが体外受精に比べ5?10万円高い医療機関が多いようです。

《妊娠できるまでにかかる費用》

全国の医療機関の不妊治療により妊娠した26?46歳女性への株式会社パズラボによるインターネット調査(回答数926)によると、

  妊娠までの治療期間は 平均25ヶ月
  妊娠までの治療総額は 平均140万円

となっています。

《助成金について》

国や自治体では2004年から体外受精・顕微授精を受けている方を対象に、助成金を受けることのできる「特定不妊治療費助成制度」を設けています。西宮市に関しては当ホームページのブログも参考にしてください。

また自治体によっては県と市町村それぞれから助成金が出る場合もありますので、まずは各自治体に問い合わせてみてください。

以上、不妊症と不妊治療についての現状について簡単に紹介させていただきました。ここでは取り上げられなかった部分もまだたくさんありますが、今後随時ブログのほうで情報発信していきたいと思います。また日頃の注意点などもブログの方で運動、睡眠、食事などそれぞれ紹介しておりますので参考にしてください。

妊活応援ブログ
トップへ戻る