お知らせ

漢方薬局開業日記その11〜上海中医薬大学本校編③臨床研修編〜

上海編もいよいよ終盤。

今回の内容は上海中医薬大学の臨床研修について。

本場の中医大学へ留学する時、もっともこの研修を期待して留学される方が多いのではないかと思われるので、詳しく説明していきたいと思う。

臨床研修の各科

前回のブログでも少し説明していたが、上海中医薬大学留学の場合、病院での臨床研修が始まるのは大体10月半ばくらいからである。

それまでにも週に数回の研修はあるが、留学期間の残り3ヶ月弱になると、もう講義もほとんどなく、朝から夕方まで病院でということになる。

私が回った科としては「中医内科」「中医婦人科」「中医乳腺科」「中医神経科」「中医皮膚科」「中医鍼灸科」などだった。

「中医内科」「中医婦人科」は間違いなく毎年開かれていると思うが、その他の科は各年の先生の状況によって変わるかもしれない。


中医婦人科の張停停先生

ちなみに「中医乳腺科」(名前が正確でないかもしれません)というのは、主に乳癌術後の再発予防や、乳腺炎、お乳の出が悪い、など日本の乳腺外来の中医版と思ってもらえたらよい。

「中医神経科」というのは主に運動器疾患の問題を抱えた方がこられる科で、パーキンソン病やALS、脊髄小脳変成症など比較的難病の方が多い科である。

その他の科は「中医」がついているだけで日本の診療科とほとんど変わりないと思っていただいて結構である。

どの科も基本的には四診中心

ちなみに一般的な中医の診察の仕方をご存知であろうか?

少し違う点もあると思うが基本的には日本でかかる「内科」と同じような感じと思っていただければ良い。

その時はもちろん検査機器などを使うのではなく中医学の「四診」を用いて診断を行うのだが、最近の先生は西洋医学の病院の検査数値なども参考に処方を組み立てる、いわゆる「中西医結合」が大半である。

四診に関しては以下のブログも参考にしていただきたい。

●望診について
https://www.irodori-kanpou.com/irodorikanpoublog/20181218/1743/

臨床研修の内容

研修の内容は先生によってかなり異なる。

全員の症状を細かく説明してくれる先生の研修はとても意味のある研修なのだが、残念ながら一日数人のみ説明があるだけで他はずーっと聞いているだけになる先生もいる。

これにはいくつかの理由があるのだが、1つは患者数の問題がある。

患者数の多い先生の場合

向こうの病院では、受付時に希望する先生を自分で選択できるので、当然教授や有名な先生には多くの患者がつく。

私の受けた研修の中で1番多い先生は、半日で約50人〜60人くらいの患者を診ていた。

当然病室は患者で満室、そして騒がしい(笑)。

私が中国の病院で受けた衝撃の1つとして、この病室の状況はかなり強烈であった。

日本の場合、病室には医師と患者、それに看護師だけというのが普通だと思うが、中国では全く異なる。

診察中も他の患者が部屋を自由に出入りするのはもちろん、診察中の患者をその他の患者が取り囲んで一緒に医師の話を聞いていることも多々ある、というかこれが普通の病室の状況なのだ。

もちろん個人情報などおかまいなしの超オープンな病室なのである。

TwitterやFacebookすらつかえない情報制限の厳しい国とはとても思えないようなありさまだ(笑)。

まあそれだからこそ学生の我々も自由に診察を見学できるわけであまり批判はできないのだが。

ちなみに向こうの患者は頼めばほとんどの方が舌診・脈診をさせてもらえるので必ず頼んでみることをお勧めする。

こういう状況の先生は、当然我々学生に一人一人の説明をしている時間もないので、いわゆる典型的ではなく基本と全く違う症例や、特殊な生薬の選択をするときなど、普通ではない患者を数人だけ選んで説明する、という形式になってしまうのだ。

そのため、実際に詳しい説明を聞けるのはだいたい平均すると半日で2〜3人程度だった。

患者数の少ない(制限している)先生の場合

一方で、有名な先生でも「1日20人しか受付をしない」という先生もいる。

そのような先生の場合は一人ひとりの患者の状況についてかなり詳しく説明を聞くことが出来るし、先ほどの舌診や脈診についても先生の考え方を交えて説明してくれるので、かなり有意義な研修を受けることが出来る。

一番の問題は語学力

また我々を担当してくれる先生は、ほとんどが日本への留学経験のある先生なので、先生の話すことについてはほとんど問題ないのだが、患者は違う。

もちろん日本語など話せるわけもないし、当然話す気もない。

さらに上海には「上海語」という非常になまりの強い方言がある。

日本の標準語と大阪弁の違いというレベルではなく、例えるなら琉球やアイヌ語レベル、というか上海人以外は中国人でもわからないというのだから殆ど外国語といっていいくらいの違いのレベルだ。

若者はいわゆる普通の中国語「普通話」を話してくれるが、お年寄りの方はほとんどが「上海語」を話す

当然留学1年程度ではさっぱり聞き取れない

よって説明の少ない先生の場合は、先生の教え子達の記入するカルテを見て、それを参考に自分でその患者がどのような証だったかを推測しなければいけないため、非常に効率が悪く、そして大変である。

もし、中医薬大に留学を考えられている方は、留学前に少なくとも半年〜1年は中国語の勉強(特にリスニング)をしてから留学することをおすすめしたい。

中国留学でトラブルは必須!?

また、中国では時には信じられないようなことが起こることもある。

最もタチが悪かったのは「休診の日」が我々に伝えらておらず、病院まで朝早くに1時間もかけて行ったにもかかわらずまさかの「休診」でとんぼ返りということが1度ならず2度もあったことだ。(ちなみにこれは2回とも同じ先生)

当然事務局の方にも文句を言って、一応は代替えの講座を用意してくれはしたが、昨年の留学生の方にもよくよく聞いてみると毎年同じことが繰り返し起きていたとのことだった。

毎年同じように文句を言っているにも関わらずの再発。

これは国民性の問題なのか、その教授の人間性なのか、学校側の力の入れようの問題なのかは正直なところ分からない。

ひょっとしたら上海以外はきちんとされているのかもしれないが、とにかくまあビックリである。(苦笑)

処方箋もそのままくれる(笑)

他に日本ではあり得ないこととして、患者の処方箋を数部発行してもらい、我々生徒ももらえたりした。


①は長く続く咳、④は子宮筋腫疑い

名前なども全く隠さずそのままのものだ(笑)

私の家には今でもいただいた処方箋が、病状の詳細を書いたノート数冊とともに何百枚とある。

もちろんそれを我々が使ってどうこうするということはない(ていうかできない!)のだが、個人情報もへったくれもない。

このへんも文化というか習慣の違いなのか、う〜ん・・・、もう「さすが中国!」としかいいようがない(苦笑)

まとめ

今日はいろいろ文句や変わったことも書いたが、ほとんどの「臨床研修」はきちんとした内容なのでご心配なく。

先生と仲良くなれば、その病院独自の処方内容や、先生独自の生薬の選び方など、日本で聞けないような話をいっぱい聞くことが出来る

婦人科の処方内容などは今後のブログでも紹介して行くつもりなので期待して待っていてください。


子宮内膜症の処方


子宮筋腫の処方


黄体期(高温期)の処方


排卵期処方

お知らせ

紅豆杉(こうとうすぎ)がTBSの「世界遺産」で取り上げられます!

本日6月23日(日)の18時より、TBSの系列で放送される「世界遺産」という番組で、彩り漢方薬局でも取り扱っている「紅豆杉(コウトウスギ)」が取り上げられるとのことです。

※こちらで詳細確認ください↓↓
https://www.tbs.co.jp/heritage/

当薬局でも開局当初から採用しており、今までも数多くの方にお使いいただきましたが、各種ガンの方をはじめ、リウマチ尋常性乾癬アトピー性皮膚炎糖尿病花粉症の方などどの疾患においても大変好評を頂いている商品です。

注意:医薬品ではなく健康食品であるため確実な効果は保証できませんのでご注意ください

紅豆杉とは?

紅豆杉は中国雲南省の4000m以上の山の3300mを超える標高にのみ生息する天然記念物ワシントン条約第二類対象品目に指定されています。

また中国の国家一級保護植物にも指定されており、非常に希少な植物であることがわかります。

そのため値段は他の商品と比べてもかなり高価なものとなっておりますが、その分西洋医学にも負けず劣らずの長い研究開発がなされており、日本や中国の多くの大学病院、研究機関から科学的な検証報告がなされています。

抗癌剤「タキソール(パクリタキセル)」の由来

紅豆杉は乳がんなどで使用頻度の高い抗癌剤「タキソール」「タキソテール」の由来で、紅豆杉の樹皮から抽出されます。

これらの抗癌剤は日本では乳がん以外にも胃がん、肺がん、卵巣がんなどにも使用されています。

※こちらに(タキソール)パクリタキセルの説明があります↓↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/パクリタキセル

「タキソール」「タキソテール」は化学合成されたもので、また単一成分であるため効果と引き換えに非常に強い副作用があります

しかしながら商品としての紅豆杉は、樹皮だけでなく木部すべてを木屑として使っており、樹皮以外位に含まれているなんらかの解毒成分がこの副作用を抑えてくれるため有効成分のみを引き出すことが可能とされています。

紅豆杉の効果について

紅豆杉は医薬品ではなくあくまでも健康食品なので、効能・効果をうたうことはできません。

しかしながら富山大学、北里大学、京都大学などで現在も研究、臨床が行われています。

こちらの公式サイトに詳しい説明が載っておりますのでこちらを参考にしてください。
https://kotosugi.co.jp/index.html

まとめ

以上、紅豆杉についてまとめてみました。

気になる方は、本日のTBS系列「世界遺産」をご覧になってください。
https://www.tbs.co.jp/heritage/

またもう少し詳しい説明が聞きたいという方は、いつでも彩り漢方薬局の方までご連絡いただきましたら対応させていただきます。

お知らせ

西宮で不妊治療を支援してくれる助成金ってあるの?

不妊治療には助成金があります!

(※2019年6月12日に情報更新いたしました)

すでに不妊治療を始めている方はご存知のことかもしれませんが、不妊治療には助成金があります

ご存知でなかった方はここで覚えておきましょう!

日本で行なわれている不妊治療(特に体外受精などの高度不妊治療)の多くは医療保険が適応されません。

よって大半の治療が全額自費負担となるため、不妊治療における経済的負担は思っている以上に重いものとなりがちです。(株式会社バズラボの調査によると妊娠までの平均治療費は140.6万円平均治療期間は25カ月という結果が出ています。)

そのため、国や各自治体では2004年から特定不妊治療費助成事業として高度生殖医療である「体外受精」「顕微受精」を受けている方を対象に、助成金を受けることのできる「特定不妊治療費助成制度」を設けています。

しかしながら、不妊治療を受けている方全員が助成金の受給対象になるかというとそうではありません。

治療内容、治療年齢、助成を受けた回数、治療を受けた医療機関などの各条件を満たしていないと受けられないこともあります。

ちなみに特定不妊治療とは卵子と精子を人工的に受精させる「体外受精」「顕微授精」のことを指します。

注意点として、「人工授精(AIH)」は特定不妊治療にはならないので助成金の対象外となります。

ではどのような不妊治療を受ける方が助成金の対象になるのか?

当薬局のある西宮市を例としてみていきましょう!

助成金の対象者とは

条件として以下の(1)〜(4)全てに該当する必要があるようです。

  • (1)西宮に住所を有する法律上の婚姻をしているご夫婦
  • (2)特定不妊治療以外の治療法では妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師に診断されている方
  • (3)指定医療機関で特定不妊治療を受けた方
    *治療開始時に法律上の婚姻をしているご夫婦である必要があります
  • (4)夫婦合算した前年(1月〜5月までの申請の場合は前々年)の所得額が730万円未満

 

西宮市の指定医療機関はどこ?

現在以下の5つの病院、クリニックが指定医療機関として指定されています。

●兵庫医科大学病院 産婦人科
http://www.hosp.hyomed.ac.jp/clinic/department/obstetrics_gynecology.html

●医療法人 明和病院 産婦人科 http://meiwa-hospital.com/outpatient/departments/obstetrics.html

●医療法人社団 スギモトレディースクリニック
http://www.sugimoto-clinic.com

●医療法人社団 徐クリニック
http://www.joclinic.jp/index.html

●すずきレディースクリニック
http://www.asahi-net.or.jp/~yc4y-szk/

●レディース&ARTクリニック サンタクルス
http://www.santacruz-art.com

※「医療法人 明和病院」は平成28年4月1日より指定医療機関ではなくなったようです。代わりにレディース&ARTクリニック サンタクルスが平成30年11月21日より追加となっています。

西宮市はこの5つが指定医療機関となっているようですが、他の市や他の都道府県の病院、クリニックでもその該当自治体の指定医療機関となっていれば指定医療機関としてみなすようです。

逆に西宮市であっても上記5つ以外で特定不妊治療を受けた場合は助成金の対象とはならないので注意が必要です。

他の都道府県の指定医療機関は厚生労働省のホームページから確認することができます。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/iryou-kikan/index.html

所得算定方法について

下記アドレスで詳しい計算方法が載っていますが、注意する点は

  1. ①“収入”ではなく“所得”であること
  2. ② 夫婦の合計額であること

この2点です。

よって、たとえ夫婦の年収合計が730万を上回っている場合でも、控除額にもよりますが受けられる場合が多いと思いますので、一度保健所に確認してみてください。
https://www.nishi.or.jp/kosodate/ninshin/ninshinkibo/funinchiryo.html

助成額はいくら?

助成金の金額は、基本的には不妊治療1回につき15万円となりますが、平成28年1月20日以降に終了した治療に関しては、初回申請の治療に限り30万円が上限として支給されます。

また特定不妊治療のうち男性の不妊治療(精子を精巣または精巣上体から採取するための手術)を行った場合も、1回につき15万円まで助成金が降りるようです。

なお全ての治療内容はどのような治療を行ったか治療区分が分けられており区分によっては7.5万円しか出ない場合もあるので、必ず以下の治療内容区分表で確認しましょう。
https://www.nishi.or.jp/kosodate/ninshin/ninshinkibo/funin.files/chiryounaiyou-kubunn.pdf

助成金の制度変更によって変わったところは?

平成26年度4月1日以降、国の制度改正に伴い助成の対象範囲が変更になっています。大きな変更点は以下の3点となります。

  • ①年齢制限ができたこと(43歳上は支給対象外)
  • ②通算の助成回数が変更になったこと(旧制度は10回、新制度は最大6回)
  • ③年間助成回数の制限解除(旧制度は年間2回、新制度は無制限)

治療を始めた時期や40歳までに受けた回数、通算治療期間などによって残りの治療回数がかなり変わってきます。

下記のPDFで自分でも確認することもできますが、非常にややこしいのでやはりまずは自治体に確認していただくことをおすすめします。↓↓↓
https://www.nishi.or.jp/kosodate/ninshin/ninshinkibo/funin.html

〈変更によるメリットは?〉

一番大きい点は③の年間助成回数の制限解除です。

これは特に年齢の高い方(40歳以上)にとっては非常に大きいメリットだと思います。

理由は “卵子の老化” です。

最近は少しずつマスコミなどでも取り上げられる機会も増えてきているのでご存知のかたも多いかもしれませんが、卵子というのは生まれた時から数が決まっています

一番多い時というのは、自身がまだお母さんのお腹にいる頃で約700万個、生まれた時にはすでに200万個に減り、初潮の頃には30万個まで減ってしまいます。その後は毎月1000個ずつ減っていき大体の方が40代後半に閉経となっていきます。

このことからもわかるように40歳を超えてくると多くの方はほとんど卵子が残っていないため、できるだけ年齢の低いうちに高度生殖医療(体外受精・顕微受精)を受ける必要があるのです。

今回の改正で今までは最大年2回までという縛りでしたが6回までチャンスが増えることになったのは体外受精を希望する方にとってはやはり大きいメリットと言えるでしょう。

〈変更によるデメリットは?〉

デメリットとしては43歳という年齢制限ができたことが挙げられます。

治療を受ける女性のうち約3割が40歳を超えている日本では当然43歳を超えても治療を希望される方もそれなりに多いと思われるので、その方々にとって年齢制限がもうけられたことはやはり大きなデメリットとなってしまっています。

また通算回数が10回から6回に減ってしまったことも当然ながら大きなデメリットとなっています。

申請方法は?

以下の(1)〜(5)の必要書類を揃えて西宮保健所健康増進課・各保険福祉センターへ提出する必要があります。

男性不妊治療費が含まれる場合は西宮保健所健康増進課のみの受付になるようなので注意が必要です。

(1)西宮市特定不妊治療助成事業申請書(夫婦別々の印鑑が必要)〔様式第1号〕
(2)西宮市特定不妊治療費助成事業受診等証明書(主治医が記入)〔様式第2号〕
(3)領収書原本(保険外診療分の領主所で(2)の領収年月日及び領収金額と一致するもの)
(4)西宮市に居住する法律の夫婦であることを証明する書類
(5)夫と妻の「市民税・県民税(所得・課税)証明書」

それぞれ西宮市のホームページからダウンロードできます。↓↓↓
https://www.nishi.or.jp/kosodate/ninshin/ninshinkibo/funin.html

まとめ

以上、西宮市を中心に不妊治療における助成金について見てきましたが、他の自治体では異なることもあると思われるので、それぞれ各自治体にまずは問い合わせてみてください。

兵庫県は現在ないようですが、他県では県と市の両方から助成金が支給される県もあるようです。また漢方薬局での漢方薬や健康食品は当然ながら対象外となります。

最後に、助成金とは関係ありませんが、体外受精・顕微授精を行う場合でも当然ながら食事・運動・睡眠などの生活習慣の改善は必須です。

※運動に関してはこちらを参照 ↓↓↓
妊活中にどのような運動をすると効果的なの?

※食事に関してはこちらを参照 ↓↓↓
体外受精の胚盤胞到達率をアップさせるコツ!

大切なのは精子も卵子も”質”!

精子と卵子が出会う確率は体外受精によって高くなるかもしれません。

しかしながら卵子の質というのは体外受精であれ自然妊娠であれ、特に変わることはありません。

また体外で作られた胚を戻す場所である子宮内の環境が悪ければ当然流産や着床がうまくいかない原因にもなります。

体外受精・顕微授精はあくまで精子と卵子が“出会う場の提供”であって、精子と卵子の“質”の改善に関してはあまり関連していないことを忘れないようにしましょう。

彩り漢方薬局では、子宝相談にこられた方でも必要に応じてこのような不妊治療の助成金等についても十分な時間をかけて説明していきたいと考えております。

不妊症の助成金に関して不明な点や気になることがあればどんなことでもいいのでまずはご連絡ください。

お知らせ

漢方薬局開業日記その10〜上海中医薬大学本校編②講義編〜

前回で上海での生活について少し書いたが、本日は上海中医薬学で行われた実際の講義の内容についてを紹介していきたい。

大まかな上海中医薬大学留学中の講義スケジュール

ざっと書くと、大きく前期(2月〜7月)と後期(9月〜1月)の2期にわかれており、8月は夏休みで授業はない。

前期は主に講義中心で、後期はもちろん講義もあるが、それ以上に病院での臨床研修の時間が多く取られていた。

講義をしてくれた先生は、ほぼ全員日本留学の経験があり、日本語がとても堪能であったため、授業に関しては言葉に不自由するということはほとんどなかったように記憶している。

時間割は月〜金の9:00から16:45で1講義90分の授業であるが、前期などは午前だけ授業という日も多く、自由な時間は割と多い。


(2011年2月〜6月までのスケジュール)


(2011年6月〜11月までのスケジュール)

その間の自由な時間は各自各々過ごし方は違うと思うが、私の場合は殆どスタバで中医学の勉強をしていた。

ちなみにどうでもいいことだが、留学中は365日、ほぼ毎日スタバに通っていたので、その店舗での個人売上は確実にトップだったと自負している。

各講義が終了すると必ず確認テストがあり、全て卒業時の成績として扱われる

また卒業の条件として、1つの論文、いわゆる『卒業論文』が必須となり、全講義の最終日に「卒論発表」がある。

私の代はその後すぐに卒業式が行われたが、このへんは毎年変わっているかもしれない。

これが1年間のざっくりとしたスケジュールになる。

実際の講義の内容

講義の内容だが、科目は「中医基礎理論」「中医診断学」「中薬学」「方剤学」「中医内科学」「中医小児科学」「中医婦人科学」という既に日本校で学んだことのある内容がやはり中心となる。

ただし、皆も経験あると思うが、本で読む学習と、実際講義で聴く学習では、理解するのにやはり格段に差がある

私も国際中医師試験などもあったため、日本で一通りは勉強していったつもりであったが、中医学の場合、中医での用語と現代医学の用語で一致しない部分がとても多く、日本で勉強をしている時には「とりあえず何となくこんな感じだろう」という風にして、うやむやにしたままの部分がたくさんあった。

なので実際に授業を聴いてはじめて「ああ、なるほど!」と思うところは実際にとても多かった。

古典の先生は日本でも有名な「張再良(チョウ サイリョウ)」先生

また、本校の授業では、日本ではなかった「古典」(もちろん中医の古典です)の授業がある。

『傷寒論』にはじまり『金櫃要略』、そして『黄帝内経』『温病学』という代表的なものを一通り学ぶ。

『黄帝内経』は内容が非常に膨大なので、触りの部分だけというような感じではあったが、『傷寒論』『金櫃要略』に関してはほとんどすべての条文を解説してくれる。

もちろん「日本漢方」的な解釈ではなく「中医学」の理論を用いた解説なので、ある程度「中医学」を学んだ者にとってはとても理解しやすいと思う。

また、この「古典」を担当する先生が「張再良」という日本でもとても有名な教授で、この先生の授業を一年間聞けるだけでも上海にくる価値はあるのではないかと思う。

日本でも張先生の「薬膳」の本は売られているが、『傷寒論』などの中医に関する内容の本はまだ翻訳されていないようなので、時間があれば私も是非翻訳してみたいと思っているが、しばらくは時間がなさそうなのでまた機会があればというところである(泣)


(張先生の診察室にて書籍と一緒に)

中医基礎理論はプレゼン形式

授業の進め方は、各先生によって異なっており、これが面白い。

「中医基礎理論」の先生は、何回か授業を行った後に各自15〜20分程度の「プレゼン」を課し、学習した中医基礎理論を用いて各自の興味のある疾患などを勉強させる。

私の代での留学者は5名しかいなかったが、その中でも「なるべく他の人よりいい物を!」と毎日授業が終わったあとにスタバで閉店まで頑張ったのをよく覚えている。

発表は黒板を使って説明するでもパワーポイントを準備するでも特に決められた形式はなかったが、準備はなかなか大変だった。

しかしながら、インプットした内容をアウトプットすることで、より自分が内容を理解でき、また「卒論」の練習にもなったので、この「プレゼン」方式はとてもいい勉強法だったと思う。

中医診断学は脈診マシーン

「中医診断学」の授業では「脈診マシーン」なる脈診の機械があり、中医の脈証である「弦・細・滑・数・・・・」などの脈証の典型例を学ぶ授業があった。

2010年の上海万博のときに展示されていたと言っていたので、割合新しいものかとは思われるが、やはり機械の脈証と、人間の脈証は全く異なるため、あくまで参考程度にしかならなかった。

確かに内容としては興味のある所ではあったがもう少し再現性の高いものが期待される。

ちなみに診断学の先生は大学院の博士課程まで「脈診」について研究されていたといういわゆる「脈診のスペシャリスト」なのだが、その先生でも「脈」のみで証を決めることは無理とのことだった。

時々「脈をみればすべてわかる」という人がいるそうだが、そんな時はまず「今まで何人の脈を診てきたか?」を聞いてみると良い。

診断学の先生によると「取り合えず5000人から10000人くらい診て、それで正常な脈とはどのような脈かがわかる。正常な脈がわかるようになれば、自動的に異常な脈がわかる。異常な脈がどのように異常かがわかるようになるにはそこからさらに経験を重ねる必要がある」ということだった。

つまりは最低5000人くらいの臨床経験が必要というわけだ。

中国の病院であれば1日で多くの患者の脈を見ることは可能で、実際に自分も実習の日は毎日数十人の脈を取らせてもらっていた。

しかしながら、日本での漢方薬局の場合は、店舗によっても異なるとは思うが、多くても一日20人程度の患者を見るのが限界かと思うのでなのでなおさら経験が積みにくい。

漢方相談にいかれる際、もし脈診を重視される先生にであった場合、一つの参考にしていただけたらと思う。


(中医診断学の鉏先生と)

まとめ

以上のように、上海中医薬大学の授業は、日本で中医学をある程度学習した方にとっても十分に役に立つ内容であった。

次回は残りの「講義編」を少しと「臨床研修編」をお届けいたします。

ではでは!