お知らせ

漢方相談でよくある質問

Q:漢方薬ってどれも苦いのでしょうか?

A:確かに苦い薬が多いです。

たとえばアトピー性皮膚炎などの炎症をとる黄連痒みをとめる苦参・白鮮皮などは非常に苦いです。

しかしながら体力を補うような薬、たとえば炙甘草黄耆大棗など甘い薬もありますので、一概にすべて苦いということはありません。

また煎じ薬ですと苦味が強いものも、エキス剤や錠剤にすることで多少苦味を軽減することも可能です。

 

Q:漢方薬に保険は効きますか?

A:効く薬と効かない薬があります。

医療用漢方製剤といわれるものはすべて保険が適応となります。

しかしながら医療用の漢方薬は一部をのぞいてほとんどが植物性の生薬由来になります。

よって、より効果の期待できる動物性の生薬はすべて保険適応外で、値段もそれなりにかかります。

 

Q:どれくらい服用すれば効果がでてきますか?

A:これも症状や病気の程度によって変わってきます。

慢性病の場合はやはり最低数ヶ月程度は飲んでいただく方が多いです。

しかしながら急性の下痢や感冒など服用数十分後には効果があらわれますのですべてが長く飲まなければいけないというわけではありません。

 

Q:煎じ薬を試したいが、家での匂いや煎じる時間が大変です。どうしたらよいでしょう?

A:当薬局では、このような方のために生薬自動抽出機を設置しております。

薬を開けて飲む、以外のすべての工程を薬局で代行できるので、匂いも煎じる煩わしさも全く感じることなく、高濃度の煎じ薬をお試しいただけます。

Q:漢方薬の大体の値段は?

A:当薬局の場合、エキス剤で1日平均400円~700円、煎じ薬で600円~1000円となっており、月々の平均額としては15000円~25000円くらいの方が大半です。

不妊、または癌、尋常性乾癬など難病の方はさらにかかることもございますので一度おたずね下さい。