営業時間:平日10:00-19:00 日曜:10:00-16:00 定休日:火曜・祝日

2018.04.05

痒くて眠れなかったアトピー性皮膚炎が1ヶ月で劇的に改善!:漢方による症例報告

【患者・主訴・既往歴】

【患者】女性32歳 初診:2017年2月

【主訴】アトピー性皮膚炎による不眠

【既往歴】子供の頃にアトピー性皮膚炎と喘息があったが、成人してからは症状落ち着いていた。

【現病歴】

昨年10月、結婚を期にご主人と一緒に住みだしてから慣れない二人暮らしのためか少しずつストレスを感じていたところ、数年ぶりに皮膚の痒みが現れ、皮膚科受診するとアトピー性皮膚炎と診断される。その後、夜間に咳も出始め喘息様症状も現れるが、そちらは吸入剤にてとりあえず落ち着いている。

しかしながら、皮膚のかゆみの方はステロイド軟膏やヒルドイド軟膏、他にもアレグラなどの抗アレルギー剤内服が処方されるも一向に改善がなく、最近は痒くて夜も眠れなくなってきているとのこと。4月末に結婚式がひかえており、それまでに皮膚症状を少しでもなんとかしたいとのことで来局。

【現症】

155cm、45kg。やや痩せ型。皮膚は両腕が特に赤い湿疹が多く、顔にも少し湿疹あり。掻いたあとが傷になり少し出血がある。浸出液などはあまり出ておらずどちらかと言うと乾燥ぎみ。食後や入浴後に悪化し、いくら掻いても痒みがおさまらない。

便秘気味。今は生活ストレスはだいぶ慣れたが痒いので寝れないのが辛い。冷え症(手足)でむくみあり(特に足首)。ストレスで甘いものをよく食べた。舌体は赤く苔は殆どなし。

【病因・病機分析】

夫婦で暮らすという今までと違う環境によるストレスで肝鬱気滞となり、その状態が暫く続くことで気鬱が火となり肝鬱化火へ、さらにその火が心に影響することで心火熾盛、熱入営血となり夜間の睡眠にまで影響が出ていると推測。

またストレス解消にと摂った甘い物が湿熱邪気と化し皮毛と肌肉の間隙である膜?に留まっている、さらに肝火は肺にも影響することで肝火犯肺となり喘息発作を引き起こしたと思われる。

【処方】

「黄連解毒湯(全量)」、「六味丸(1/3量)」、「大黄牡丹皮湯」・「猪苓湯」(それぞれ半量)、「FK?23菌含有乳酸菌製剤」を寝る前1p、「イオン化カルシウム」を寝る前20Tずつ服用してもらうように説明。※漢方薬は全てエキス製剤

【経過】

来局翌日に連絡あり。服用したその日の夜からいきなり効果があり、久しぶりに熟睡できたとのこと。

その後、甘いものを食べたときはやや悪化するとのことで「茵陳蒿湯」を(1/3量)追加。その分「黄連解毒湯」を全量から2/3量へ減量した。

1ヶ月後には病院から出された内服・外用共に中止も特にリバウンドなく、腕の湿疹もかなり改善された。同時に喘息症状も改善されてきているとのこと。

4月には無事結婚式を挙げることができ、とりあえず目的が達成されたので5月より「FK-23菌含有乳酸菌製剤」以外を中止。夏場の暑さや湿気の影響による症状悪化が心配されたが、なんとか再発なく8月を乗り切られた。

現在も「FK-23菌含有乳酸菌製」は継続して服用中。

【考察】

まずは主訴である痒みによる不眠は、心火によるものであるとし、これを解消するため、清心火の黄連を含んだ「黄連解毒湯」を主方剤とした。この方剤には黄連以外にも黄?・黄柏・山梔子といった清熱燥湿剤が含まれているため過度の燥湿による乾燥を考慮し滋陰の生地黄を含んだ「六味丸」を少量加えている。

清熱滋陰では黄連解毒湯に「四物湯」を加えた「温清飲」という方剤が有名だが、処方構成をみると「黄連解毒湯」の含有量が少なく、また「四物湯」に含まれる当帰・川?といった温性の活血剤は現在の熱症状をさらに煽る恐れがあるため使用しないほうがいいと判断した。

一方、「六味丸」であれば温性の活血剤は含まれず、牡丹皮という清熱涼血剤が含まれているため血分熱を冷ます必要のあるこの症例ではより適していると思われる。「大黄牡丹皮湯」はその血分熱を冷ますため、また胃腸鬱熱による便秘改善のため併用している。

また甘いもののとりすぎによって起こったと思われる三焦膜?に鬱滞した湿熱毒邪には「猪苓湯」で対応した。しかしながらその後飲食の過剰摂取により症状悪化時に「茵?蒿湯」にて脾胃湿熱に対応することで改善があったため、はじめから「茵?蒿湯」は入れておいたほうが良かったものと思われる。

いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

妊活応援ブログ
トップへ戻る